ドラゴンボールZ ドッカンバトルもやっぱり悟空か

ドラゴンボールZ ドッカンバトルもやっぱり主役である悟空が一枚も二枚も存在感が上って感じがしますね。SSRの悟空の枚数ったら反則級ですからね。次点ではさすがのベジータ王子って感じがしますが、やっぱり悟空には及ばないですね。こういうカードゲームっていうのはスマートフォンゲームに限らず、原作通りの戦闘力が反映されないのがある意味魅力的なのに、ドラゴンボールZ ドッカンバトルに関していえば、ちょっと偏り過ぎですよね。

ビルスとかウィスが強いのはいいんですよ。もともと反則級に強いわけですからね。逆に弱いキャラクターでもSSRという仕様上、原作を踏襲しないで色々と出してもらえたらいいのにな~って思うわけですよね。だってキャラゲーだもの結局のところそうなるでしょうよ。ピッコロとかSSRで1枚だけありますけど、そういう感じでもいいですが、ピッコロだったらもう2~3枚くらいあってもいいですけどね。

ターレスが1枚あるくらいなんですからね。ターレスってはっきりいって原作の中じゃかなり弱いキャラクターですよね。原作といっても鳥山明監修かどうかは忘れましたが、映画のキャラクターだし、地味。それなのに何作も登場していたブロリーが1枚もないなんて、思うに製作者の好みがかなり反映されているんじゃないかなと思うんです。別に私自身はブロリーが好きなわけではないですけど、どっちに寄っているんだよといいたいです。

ドラゴンボールZ ドッカンバトルをもっと楽しいゲームに仕上げてもらいたいのであえて苦言をいうような形で心苦しさがあるんですが、言わせてもらいますよ。やっぱりね。Z戦士は軽んじてはいけないと思うんです。クリリン、ヤムチャ、天津飯は原作もアニメシリーズも通して活躍しまくった、名脇役たちですから、もう少し花道を用意してあげてもいい気がします。もちろん、ヤムチャのほうはある意味やられてナンボなんで、SSRで出たとしてもガッカリ性能で愛されたりとか他にもやりようがある気がします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ