Fate/Grand Orderの世界観とクラス設定について

今現在世の中に出ているスマートフォンのゲームの中には、原作を元にして作られたゲームがいくつかあって、Fate/Grand Orderのその内の一つでありますが、原作を元にしたゲームというものは強いキャラクターがある程度決まっていることがあります。

それは原作ファンにとって嬉しいことでありますが、新しくFate/Grand Orderをプレイするプレイヤーの人にとっては戸惑ってしまうことかもしれません。そんな新規ユーザーのために、少しFateの世界観の情報を提供して、どういったキャラクター達が強いのか解説していこうと思います。

まずFateの世界に登場するキャラクター達は、誰もが過去の英雄たちですが、それぞれの特徴を的確に表した七つのクラスというものに分かれています。クラスというのは、セイバーやアサシンといった騎士クラスのことで、剣で有名になった英雄ならばセイバークラスとして召喚され、暗殺者として有名になった伝説を持った英雄ならばアサシンクラスとして登場しているといった感じです。

Fate/Grand Orderに登場するクラスは、セイバー、アーチャー、ランサー、アサシン、キャスター、バーサーカー、ライダーの七つのクラスに加えて、ゲストクラスとしてルーラーとシールダーが参加しています。

どのクラスにも強いサーヴァントというのは存在していますが、一際当たりと呼ばれているクラスがあって三騎士と呼ばれています。それは、セイバーとアーチャーとランサーの三つのクラスのことです。

基本的に戦場の花形と呼ばれていて、前線に出て戦うことの多いクラスがこの代表的な三つのクラスになっています。特にセイバーのクラスは当たりと考えられていて、Fate/Grand Orderの舞台である聖杯戦争においては、それぞれのクラスを呼び出すに日々検討しているマスターと呼ばれる魔術師たちはセイバークラスを呼び出すのに必死になって頑張っています。

ゲーム内に置いても、レア度の高いキャラはセイバークラスに集中しているので使うなら便利なクラスです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ