概念礼装を使ってFate/Grand Orderを攻略する

Fate/Grand Orderをプレイしているユーザーの多くはレアリティの高いサーヴァントの入手に力を入れているようですが、実のところサーヴァントの影響度は半分程度だと私は考えています。ハッキリ言って、サーヴァントと同じくらいに概念礼装の戦闘への力の貢献度はすさまじく感じています。中でも優秀なのがカレイドスコープです。カレイドスコープの効果は戦闘開始時にNPを80%溜まった状態にすること。この効果のすさまじさは、実際にカレイドスコープを利用している人ならばハッキリとわかると思います。その下位互換である虚数魔術も60%スタートと若干弱いものの、効果は確実に実感できます。そして、カレイドスコープの真価は5枚合成して限界突破した先にあります。最大効果を発揮したカレイドスコープはNP100%状態で戦闘を始めることができるので、戦闘開始時にいきなり宝具を使用できるというちょっとした壊れ性能を持っています。このようにサーヴァントそのものの戦闘力も重要なものですが、装備品である概念礼装の影響力も素晴らしいものです。ごく最近キャンペーンで入手できた特別概念礼装「不夜の薔薇」はどれだけ使えるものなのでしょうか。キャンペーンの数が増えてきたFate/Grand Orderでは、たまに特別な概念礼装を入手する機会があります。この不夜の薔薇もその一つであり、戦闘で死んでしまった時点で体力500を持ったまま復活できる礼装です。実際使えるのかどうかというポイントですが、状況次第では使えると思います。例えば清姫というクラスバーサーカーのサーヴァントがいます。クラスがバーサーカーなので総合的な体力が非常に低く、戦闘では圧倒的に死にやすい立場にあります。清姫の真価は強い宝具にあるのですが、使う機会のないままに退場してしまう可能性があるでしょう。そこで不夜の薔薇を装備していれば、あと少しでNPが最大まで溜まるというところで死んでしまっても生き返ることができます。つまりこの概念礼装は保険として効いてくるわけです。このようにFate/Grand Orderには多くの使える概念礼装があるので、サーヴァントだけでなく概念礼装も揃えてバランスの取れたゲーミングプレイを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ