スマホ版Fateのムーンライト・フェストの使用感について

「月の女神はお団子の夢を見るか?」のイベントで手に入る最高レアランクの概念礼装である「ムーンライト・フェスト」が使える礼装なのかどうかを考察してみました。このムーンライト・フェストはイベント限定礼装であり、今後いつ手に入るかわかりませんが、これまでのソーシャルゲームのイベントの流れを読む限り、復刻版がいつか登場する可能性はあるでしょう。数ある礼装のうちでFate/Grand Orderに登場する概念礼装で最高ランクのSSRの礼装は、まだまだそう数は多くありません。そんな中で登場した最高ランクのSSRであるこちらの礼装は、それなりの強さを秘めていると期待しても良いでしょう。基本ステータスはアタック250の、体力375アップであり、どちらも最大強化すると1000を超えます。これは前回のネロイベントで手に入る薔薇礼装と比べるとかなりのステータスアップを見込める計算となります。なぜなら前回のネロ礼装の場合は、アタックのアップは見込めずに体力だけのアップだけだったからです。このFate/Grand Orderのゲームの特徴をあげてみると、戦闘で重要なのは絶対的にアタック、つまり攻撃力の数値が重要になります。多くの敵相手には、防御に徹するよりも攻撃で押し切るほうがはるかに楽だからです。ムーンライト・フェストの能力は、装備サーヴァント自身のスター発生率とクリティカル威力を15パーセントアップすることです。この能力だけを見ても、攻撃特化なのが誰の目から見ても明らかでしょう。防御型礼装と比べると圧倒的に有効活用できそうです。スター発生率とクリティカル威力の上昇というスキル能力を見る限り、この概念礼装を扱いこなせそうなクラスはアサシンとライダーのクラスが多いでしょう。アサシンはスター発生率が高くて、クイックカードの数も多いですから、アサシンにムーンライト・フェストを装備させると戦闘で活躍してくれそうです。ライダーも同様で、クイックカードでの宝具を放つサーヴァントが登場しているので有効活用できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ